<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ウルフルズ10周年5時間ライブ!!〜50曲ぐらい歌いました〜 【スナック菓子 まとめ買い】ポテトチップス コンソメパンチ 1ケース(12個入り) 【マラソ... 奥田民生/OKUDA TAMIO LIVE SONGS OF THE YEARS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ハムなんていらねぇよ 夏
20070516_328501.JPG
どーも、
今月号の『H』は蒼井優・宮崎あおい・木村カエラ・中川翔子と目白押しだから買ったほうがいいよ(しかも表紙は蒼井優・ハアト)☆
こんばぬわ太田30歳ぼんくらです☆


(お昼に入ったケチャプ味の天津飯を出すラーメン屋さーん!マジ不味かったっすー!!僕は車の運転と天津飯の味付けにはウルサいんですよー!でも味噌ラーメンは美味しかったですよー!とゆーわけで今夜も「英雄なんかじゃない」はじまるよー!)


僕が浜松に来たのは四月。
僕が営業所に来たのとほぼ同時期に、
浜松の営業部にも一人、新しく社員が入ってきた。

新しくって言っても、
一回辞めた人がまた戻ってきただけの話なんですけどね。

その人は50歳くらいのおじさんで、
辞める前は浜松営業所のトップセールスマンだったらしい。
僕以外の営業所の人達はかつて一緒に仕事していたので気安く喋っているのだが、
僕とその人とはまだ手探りの状態なのでお互い敬語だ。

さて。
浜松の僕の机の後ろの棚には、
コロンビア社製のポータブルレコードプレイヤーと、
岡林信康の「岡林信康の世界」のレコードが置いてある。
フォーク好きの所長が岡林信康が聞きたいって言ったから僕が持ち込んだんだ。
そのレコードを見て、その戻ってきた営業のおじさんが僕に聞いてきたことから話が始まる。

「これは…太田くんの私物ですか?」

「あ、はい。所長に聞かせようと思って持ってきたんですけど、あの人一回しか聞いてないんですよ〜。まったくも〜。」

「レコード聞くなんて珍しいね。」

「僕、レコードのザラザラ感好きなんですよ。フォークだけじゃなくて、パンク(ってわかるのかな?)とかのレコードも結構持ってるんですよ。」

「岡林信康なんて太田くん聞くの?これ太田くんが生まれる前のレコードだよ。」

「そうですね、僕フォーク好きなんですよ。そもそも僕の好きなバンドが友部正人の『一本道』とか高田渡の『自衛隊に入ろう』とかカバーしてて。で原曲探して、それからフォーク好きになって。あ、フォーク好きなんですか?」

「我々はもう、そういう世代だったからね。」

「吉田拓郎とか?」

「あぁそれは…もう拓郎はね、誰でも聞いてたよね。」

↑フォークの認知度ってったら拓郎のレベルかよ、
みたいなニュアンスでちょっとムッとした僕は色んな人の名前を出しました。

「あとは加川良とか斉藤哲夫とか初期の井上陽水とか泉谷しげるとか西岡隆とか早川義夫とか三上寛とかですかね?」

「西岡隆ってグループでやってたの知ってる?」

「五つの赤い風船ですよね?高田渡とのスプリット盤、CDですけど持ってますよ。」

「太田くん詳しいね!あなた若者らしからぬ趣味だね!」

「でも、本当はパンクロックが好きなんですけどね。」

「あーパンクですか。実はね、僕の親戚の女の子もバンドやってたんです。」

「へー何て名前なんですか?」

「『京阪ガール』って言うんですけど。有名じゃないから知らないでしょ?」

けっ京阪ガールゥゥ!!??
知っとるわい!!
メチャメチャ有名じゃねーかよ!!(僕の中ではね・ハアト)
聞いたことないけど!!

「け、京阪ガールゥ!?!知ってますよ!有名じゃないですか!CDは持ってないけど!!」

「あははは。知ってるんだ。」

「でも結構前に解散しましたよね?」

「そう解散して今はね、大阪の大学行ったウチの娘とバンドやってるんですよ。」

「えぇ〜!娘さんと!?何て名前ですか!?」

「『電気キャンディ』って言うんですけど…知ってる?」

あ、それは知りません。

「それはちょっとわかりかねますが!!」

「だよね。」苦笑

「今度CD聞かせて下さいよ〜。てゆーか娘さん紹介してくださいよ〜。そして娘さんを下さい。」

「あははは。それは無理だけど。でも今度、僕が集めてたフォークのレコード貸してあげるよ。」

「マジっすか!是非!」

というコアな会話がなされて数日後、
その人がフォークのレコードを数枚貸してくれた。
CDで持ってるのもあったけど、
歌っている人の名前も知らないような僕が生まれる前のレコードばかり。
僕は、中古屋さんにさえ置いていない、ましてやCDなんかには絶対なっていないレコードに針を落とす。
初めて聴くのに、生まれる前の音楽なのに、
懐かしいのは何でだろ。
そして僕はフォークソングを聴きながらロックンロールの事を考える。

聴いたこともない生まれる前の音楽。
これはフォークソングなんだけども僕にとっては間違なくロックンロールなんだ。


ふと 後ろを振り返ると

そこには夕焼けがありました

本当に何年ぶりのこと

そこには夕焼けがありました

あれからどのくらい経ったのか

あれからどのくらい経ったのか

一つ足を踏み出すごとに

影は後ろに伸びていきます

悲しい毒は遥かな海を染め

今日も一日が終わろうとしています

『しんせい』一箱分の一日を指でひねって

ゴミ箱の中

僕は今阿佐ヶ谷の駅に立ち

電車を待っているところ

何もなかったことにしましょうと

今日も日が暮れました

あぁ中央線よ

空を飛んで

あの娘の胸に突き刺され

今日のエンディングテーマ:一本道/友部正人
- | 22:18 | comments(10) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 22:18 | - | -
コメント
from: なおき   2007/05/17 12:03 AM
またも、1ゲット!
フォークって、まったく知らん名前ばかりじゃ。
今度、お前が借りたレコードをフリスビー代わりにするのが楽しみだ。

そういえば、俺がやったボーリングの玉はどうなった?

今日は何故かラストオーダーの今でも満席でクタクタです。
from: 太田30歳   2007/05/17 7:35 AM
そして2番ゲット!
フリスビーには絶対させません!!

なおきから貰ったボーリングの玉は西枇杷島の部屋の廊下に我が物顔で居座っています。
from: だいぽん   2007/05/17 10:00 AM
知ってるかもしれんけど。

円DO寺の「昭和呑んだくれ横丁」が全部取り壊されてたよ。

帰国したら、呑みに行きましょう(´ー`)y─┛~~

from: 濱ピン   2007/05/17 6:02 PM
是非、「東名ボーイ」を結成しましょう(ハアト)
from: 太田30歳   2007/05/18 11:34 AM
ええっ!?
円頃寺のあそこもう無いの?
行く前に潰れちゃったねぇ★
だいぽん、帰国したら必ず連絡ください。
家激近なんだから。
from: 太田30歳   2007/05/18 11:36 AM
濱ピンさん、『東名BOYZ』じゃなくていいですか(ハアト)
from: 濱ピン   2007/05/18 6:08 PM
↑↑
やはりそっちですか!それじゃあその方向で☆世界を敵に回しても夢は本家と対バンで(ナタデココ)
from: 儒太郎   2007/05/24 10:22 AM
昭和音楽記念館だかインスタントラーメン発明記念館だかで2人で拓郎を熱唱したけど、あの頃から背中汚かったんだね。。。
ノーフィアー!
from: 太田30歳   2007/05/25 8:14 AM
濱ピンさん、僕ギターの練習します。いつか。
from: 太田30歳   2007/05/25 8:22 AM
寿太郎くん『昭和音楽村』です。
白いギターで歌ったね、拓郎(ハアト)
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ario.jugem.jp/trackback/400
  • NEW ENTRIES
  • CATEGORIES
  • ARCHIVES
  • RECENT COMMENT
  • RECENT TRACKBACK
  • LINKS
  • PROFILE

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"