<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ウルフルズ10周年5時間ライブ!!〜50曲ぐらい歌いました〜 【スナック菓子 まとめ買い】ポテトチップス コンソメパンチ 1ケース(12個入り) 【マラソ... 奥田民生/OKUDA TAMIO LIVE SONGS OF THE YEARS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
輝かしい未来は食べかけ
100501_1550291.jpg
えー、
来週の月曜日くるりのコンサートに行ってきます。
というわけで先週からくるり強化週間に入ってます。
こんばんは太田33歳です。
頼むから『ロックンロール』歌ってほしい。


【英雄なんかじゃない】


来週の月曜日にくるりのコンサートで、
その二週間後に毛皮のマリーズのライブです。
そういえば書くタイミングが無かったけど、
あたし二ヶ月前に毛皮のマリーズ見たよ。
深夜の伏見通りで。
信号待ちの後ろの車が毛皮のマリーズのバンドワゴンだったんだ。
栗本ヒロコ嬢が運転してたんだよ。
信じられないけどほんとの話さ。
次の日は高松でライブなのに彼らは名古屋にいたんだ。

なあ。
まるでドラマだろ?

そう。
あたしの人生ってまるでドラマなんだよ。

まあ。
信用ならない君が信じようとそうじゃなくてもどうでもいいけどね。


【英雄なんかじゃない】


突然だが、
僕は爆笑問題の太田光が好きだ。
正確には太田光の書く文章が好きだ。
彼が書く「日本史原論」の『文豪編』は本当に面白いから是非読んでほしい。
あんな爆笑できる文章ってそんなにないと思う。

そんな太田光の著書でも僕は「三々七拍子」というエッセイ集の『入る前に読め』の回がとても好きだ。
最近、僕はその回を一週間に一回は必ず読む。
「パルプフィクション」のサミュエル・L・ジャクソンが聖書の『エゼキエル書』を繰り返し読むように僕はその回を何回も読む。

そこには愛とはなにかが記されている。
それを読んで僕はまったくその通りだと思う。

それから最後にヴォネガットの「タイタンの妖女」を引用するところに毎回僕はゾクゾクする。

「タイタンの妖女」の主人公の一人、マラカイ・コンスタントは愛とは無縁の人生を過ごしたはずなのに、
太田光は愛とは何かを書いた話の最後をマラカイ・コンスタントを引用して締める。

そして、僕は愛を知らずに人生を終えたそんなマラカイ・コンスタントの人生に憧れる。
あの冒険と堕落と挫折と栄光に満ちた単時点的な人生を。

いや、「タイタンの妖女」という作品で最後に愛を手にしたのはもしかしたらマラカイ・コンスタントだけなのかも知れないと思う。


そんなこと考えて、
僕は今夜もろくに眠れそうにない。


今夜のエンディングテーマ:魂のゆくえ/くるり
- | 01:33 | comments(4) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | 01:33 | - | -
コメント
from: なおき   2010/05/25 6:03 PM
毛皮のマリーを見たこと信じるけど、もし俺が毛皮のマリーに会えるって言われても、お断りします。
知らない人達だから。

あっ、毛皮のマリーズか。
どもでもいい。
from: 香港スター   2010/05/26 4:13 PM
東京レレレのレ
from: 太田33歳   2010/05/27 8:27 AM
なおきくん、今度は梅宮辰夫アニキと会った時のもっとドラマな話を書くよ。
from: 太田33歳   2010/05/27 8:29 AM
香港、あんたがそんなマニアックな曲しってるなんて驚きだよ。
コンサート一緒にいけなくてごめんね。
お詫びに今度二の腕食いちぎってあげる。
コメントする









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ario.jugem.jp/trackback/654
ツレに教えてもらったサイトで超リッチマダムに雇われてク◯ンニしまくったりぶっかけまくっただけで41マンお礼にくれたしwww
ギンギンの頼朝 | 2010/05/25 1:54 AM
  • NEW ENTRIES
  • CATEGORIES
  • ARCHIVES
  • RECENT COMMENT
  • RECENT TRACKBACK
  • LINKS
  • PROFILE

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"